スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区分所有物件を安く買う方法

最近、知人や私の教材を買ってくれた方に、一番有利に(安く)物件を買う方法は何かと聞かれること

が少なくありません。
難しい質問で、ケースバイケースで判断するしかありませんとしか言いようがありません。
それでも、一般的にはどうなんですかと聞かれました。

競売とか、任売とかが有利だというような本や教材をよく見ますが、
私は、通常に流れている物件を値切るのが、一番安くなるような気がします。
私の基幹物件は、任売で取得したものですが、その他の物件は、ほとんど値切りで高利回りを実現した

ものです。

競売の弱点は、少ない対象に、プロ、アマ、多くの方が群がることです。
どうしても、安くない水準まで、価格が上がりがちです。
特に、首都圏では、この傾向が顕著です。

任売は、今でも良いものがあります。
ただ、現在の持ち主の債務の大きさに左右されるので、際限なく安くなることがありません。

それに対して、通常に流れている物件を値切るという方法は、対象も多くありますし、限度額も決まっ

ていません。
私は、首都圏では、この方法が一番良いような気がします。

機会があれば、どんな物件が値切れるか、書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。