スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームス・スキナー 略奪大国

現在、大阪の実家に帰省中です。
帰省の新幹線の中で読んだ本です。
ジェームス・スキナーの新刊です。

ありとあらゆる部分について、共感できました。
特に、社会保障に対する部分、1票の格差に対する部分。

ジェームス・スキナーのような人物が、政治家になればよいのにと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。