スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡裁代理権認定者

今日、ひとつ契約がありまして、不動産会社に行っていました。
登記が絡むので、司法書士の先生もいらっしゃっていました。

司法書士の先生から名刺をいただくと、見慣れない文字が。

「簡裁代理権認定者」とありました。

これって何ですか?
と聞いてみたら、

140万円以下の事件を取り扱う簡易裁判所で訴訟代理業務を行うことができる資格とのこと。

以前は、司法書士は、法律事務の一切をおこなうことができなかったそうですが、
この認定試験ができてから、
140万円以下の事件という制約はあるものの依頼者の代理人となって直接相手方と交渉したり、裁判所の法廷に立って弁論活動が出来るようになったそうです。

知りませんでした。

まあ、不動産投資には、役に立ちませんがね。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

No title

友達の司法書士が言うには報酬がたいした額ではないので積極的にはその仕事は受けないと。
お願いしようと思っていたのでがっくりしました笑

No title

コメントありがとうございます。
そういえば、友人に司法書士がいるとおっしゃっていましたね。
あまり司法書士側は、受けたくない仕事なんですね。
参考になりました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。