スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部による仮処分申立

「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」は、8月に放射性物質による汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てておりました。
このゴルフクラブの訴えは、退けられたのですが、その理由が、ありえない。
理由は、検出された放射性物質は、既に東電の所有物ではないから、責任は無いだってさ。
これが判例になったら、怖い。

ネット上にあった情報なので、誤字脱字があるかもしれませんが。

11月24日 朝日新聞 プロメテウスの罠より
【以下引用】
放射能はだれのものか。この夏、それが裁判所で争われた。
8月、福島第一原発から約45キロ離れた二本松市の「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。

ーー事故のあと、ゴルフコースからは毎時2〜3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害が出ている。責任者の東電が除染するべきである。

対する東電は、こう主張した。

ーー原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない。

答弁書で東電は放射性物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。
さらに答弁書は続ける。「所有権を観念しえるとしても、既にその放射性物質はゴルフ場の土地に符号しているはずである。つまり、責務者(東電)が放射性物質を所有しているわけではない」

飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。そんな主張だ。

決定は10月31日に下された。裁判所は東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた。<後略>
【引用終了】

上記については、
SAVE CHILD
を参照しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、ブログで書いたとおり、有料ですが、日本製のガイガーカウンターをお貸しします。
詳しくは、以下のリンクをご覧ください。
日本製ガイガーカウンター貸します
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。