スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの日本

今回は、タンカレーさんからいただいたブログです。
『「誰かが何とかしてくれる」的な思考を転換する時期なのでは』という部分に、強く同意します。

【以下、タンカレーさんからいただいたブログ】
私はまだ老人ではありませんが、
現状ほど、この日本という国が政治的、行政的、経済的に
稚拙に見えたことはこれまでありませんでした。
一国の総理が、辞めると言った言わないで、のらりくらりとしてみたり
同じような、いくつかの行政の機関が、それぞれ勝手なことを言って
何が本当の話か分からなかったり
大企業の社長が、もうこの国で仕事が出来なくなると言ってみたり。。
まぁいろんな意味で、過渡期なんでしょう。
ただ、だから仕方ないというのも話が違うわけで、
この時期を次の未来への転機として、捉えるほうが建設的だと思います。
なぜなら、我々国民一人ひとりが、そうした環境を作ってしまったという事実があるからです。
ニュースなどの一般人のコメントやインタビューでは
「行政が悪い」「国が何とかしてくれ」というものが決まり文句ですが
自分に何が出来るか、自分自身何をしてるかに尽きると思います。
政治家は選挙によって選ばれます。
行政も国民、市民の同意無くしては機能しません。
「誰かが何とかしてくれる」的な思考を転換する時期なのではと思います。
時間はかかるでしょうけど、初めなければ何も変わりません。
成熟期を迎えた国の、政治や行政は、その国の国民のレベルに比例するものだと思うのです。
スポンサーサイト

コメント

確かに。ただ発言された方が世の中で言う「勝ち組」に分類される方だと説得力がなく、逆にエゴと、「負け組」の方から思われてしまうでしょう。
自分が貧しい立場から国を思って改革を訴えると説得力があります。逆に自分が裕福な立場から弱者切り捨てを主張すると、弱者からは強者のエゴに聞こえるかもしれないです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。