スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期金利上昇か?

ちょっと古いですが、震災復旧費を含む第一次補正予算が5月2日に参議院で可決しました。

おそらく、今後、復興国債が発行され、更に財政悪化は加速すると思われます。

私は、財政に詳しくは無いですが、以下のようなことだと理解しています。
国債価格が高値で安定している。
その理由は、国内の資金が行先がないので、国債購入に向かっているから。
結果として、ほぼ国内の資金だけで、国債が消化できている。
だから、結果として、不動産投資家のようなお金を借りている人にとっては、リスクをとりやすい環境が続いてきた。

でも、この流れがこれまで通り継続するか、微妙な状況になってきましたよね。

財政の悪化は加速しそうです。
国債が国内だけで消化できなくなると、国債価格は、下落することになります。
そうなると、金利は上昇します。
金利上昇に伴い、返済額も増えることが予想されます。
不動産賃貸経営も、苦しくなってくるでしょう。

まじめにかなりまずい状況が予想されますね。
向こう数年間は、繰り上げ返済していこうと思います。
その後の危機に備えて。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。