スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補償について

液状化にも補償(読売)

上記のニュースって、どう思います?
私は、おかしいと思うのですが。

原発の問題は、安全だという説明を受け、想定できないことだったから、補償の対象というのは、理解できる。
ただ、程度はどうあれ、浦安の地盤が液状化する可能性があることは、ほとんどの人間が知っていた訳でしょ。
なんで、これが補償の対象になるのか理解ができません。

可哀そうだけど、浦安に住んでいて、被害にあった方は、自己資金で修復すべきだと思います。
補償ではなく、国が貸付をするとかなら分かるよ。
でも、補償はダメだろ。

他に不動産に被害を受けた方は、自力で直してんだから。
私だって、茨城のビルは、自己資金で解体する予定だよ。

うるさく言ってくる団体全部に補償していたら、国の財政がメルトダウンしちゃうよ。

あと、福島の原発の問題の補償ですら、金銭で補償するのは、どうかと思っています。

農業や漁業を営めなくなった場所を特定し、その所有者に損害をお金で補償するのではなく、
田畑や漁業権を他の場所で与えれば良いのではないかと思います。

もちろん、知らない場所に行くことが嫌だという人は多いでしょう。
でも、農業や漁業従事者以外は、放射能のリスクを避け、町を去るか、リスクを甘受し、残るかを選んでいる訳でしょう。
農業や漁業をしたければ、他の場所でやるように言うってのもありじゃないかと思います。

休耕田なんて、いっぱいあるでしょう。

今の日本の財政で、数兆円の補償ができるとはとても思えないんですが。

私が、1日100人くらいしか見ていないブログで騒いでも、
補償は、おこなわれるでしょう。
おそらく、日本の財政は、更に悪化していくでしょう。
日本国債は下落し、金利は上昇するでしょう。

私を含め、多くの不動産投資家は、金利上昇に耐えきれず、破たんするでしょう。
現金は、可能な限り、金や銀の現物や外貨に換え、金利上昇時に1円でも多く、繰り上げ返済できるよう準備しておこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。