スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTP

今話題のTTPについて。
世の中の評価は、二分という感じでしょうか。
ただ、オピニオンリーダー的な方は、賛成している方が多いような気がします。
特に、知識人は、素晴らしい仕組みだと言っていることが多いように思います。

金融日記で有名な藤沢氏も以下のように述べています。
金融日記

私も賛成なのですが、素晴らしいと言い切るのはどうかと思うので、少しだけ思っていることを書きます。

今、ネット上やマスコミで議論されているのは、輸出入の部分、関税撤廃の部分だけです。
私は、競争力の無い産業や人間に必要以上の保護をする必要がないというスタンスなので、関税撤廃により、国内の畜産や農業が大きな打撃を受けても、あまり同情しません。
戸別補償制度もありますし、これでダメなら、新たなセーフティネットを作れば良い。
また、徐々に仕事を変える方もいて、産業構造も徐々に変わるでしょう。

だから、ネット上で議論されていることでは、概ね、TTPには賛成です。

ただ、TTPって、輸出入のところだけクローズアップされていますが、人の国家間移動も自由になります。
ほぼフリーに近い状態で、ビザを出さないといけない。
韓国人のように、日本と文化的に近い国だけでなく、その他の国からも外国人が来ます。
外国人参政権の問題ともリンクしますが、果たして、大量の移民を受け入れることを多くの日本人は納得するのでしょうか?

私は、賃貸住宅を経営しているので、ウェルカムな話ですが、果たして、日本人の多くにとって、納得感のある話なのでしょうか?
輸入品が安くなって良い、農水産業は打撃を受けるかもしれないが自分は関係ないといった感じで、受け入れてしまってもよい制度なのでしょうか?
私は疑問です。もっと、国全体で考えた方が良いような気がします。
このままTTP参加なら、私は嬉しいですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。