スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲストブロガー タンカレーさんの記事 その2

今回は、ゲストブロガーのタンカレーさんからです。
起業に関してのご意見です。

【以下、タンカレーさんからいただいた文章】
前回に引き続いて「起業」についてです。

本来ならば、前回の内容の前に記載する内容でしたが
順序が前後してしまったような気がしますので、ご了承ください。

最近巷では、起業についてのセミナーやノウハウ本など
多種多様にわたって起業についてのテーマでの情報が溢れています。
これも時代なのかなぁとおもいます。

ただ、私が思うに、事業を起こすというのは
そうしたセミナーやノウハウ本で得られる情報を得れば
本当に誰でも起業して成功できるのかと思えるのかというと
なかなか難しいのではないかなぁと言うのが率直な感想です。

確かに、運営上のノウハウはそうした情報も参考になるかと思いますが
起業するに当たって、大切なのは
本人自身が「何をしたいか」という強い思いが最もコアな部分ではないかなぁと。。
それは、セミナーやノウハウ本で得られる次元のものではありません。

具体的に言えば、本人が
「何故その事業を起業するのか」
「事業を通じて社会にどんな貢献が出来るのか、役に立つのか」
それこそが、成功の源であると思っています。

「こんなことをすれば儲かるんじゃないか」
「一攫千金が目的」
という初心では、いずれ早晩、行き詰ってしまうように思うのです。

うまく表現できなくて申し訳ないのですが
事業の継続と成功には、初心の「志」によるところが大きいのかなぁと。。

「志」を持つ事業と
「利益至上主義」の事業とは事業の継続性という観点から見ると
儲かりそうだから起業するのか。
社会のためになると思って起業するのか。
自分の志を世に問うために起業するのか。

似ているようで異なるものであると思うのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。