スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東建託とレオパレスの違い

yurakuさんのブログでも、随分、議論されていましたが、私なりのレオパレスの空室率が上がってきたことの考察です。
一方で、大東建託はそこそこの数字を維持している。

yurakuさんのブログのコメント欄だけでなく、2ちゃんねるやヤフー掲示板のレオパレスに関する意見や考察を読みました。

多くの方が書いているのは、
・レオパレスの建物は、安普請だ(防音面等)
・立地が悪い(駅から遠い)
→これらについては、主要な理由とは思えません。なぜなら、今に始まったことでないからです。
空室率が低かった時でも、こういった条件でしたから。

・得意であった法人向けの需要が急速に落ち込んだ。
→これは、あり得ると思います。あり得るというか、間違いないです。
ただ、需要は法人向けだけでないですから、一定の時間がたてば、ある程度の水準にこなれてくると思います。
しかしながら、こなれてこないということは、理由は、このことだけではないと思います。

私以外にも書いている人がいるかもしれませんが、私が思っている理由は、以下。
1.大東建託とレオパレスの方向性の違い
→このことは、私以外の方も触れている方がいました。
レオパレスは、単身者メインですから。
大東は、ファミリー向けも多くやっていますし、たしか、倉庫とかもやってますからね。
単身者需要は、景気の落ち込みとともに、急激に落ち込む可能性があるんですね。

2.これが、あまり誰も書いていないんですが、大東とレオパレスでは、事業の開始時期が違うからではないですかね?
→私の認識、理解が正しければ、この事業を始めた時期は、レオパレスの方がかなり早いはずです。
事業開始時期が早いということは、その分、物件は古くなっています。
その影響が、ボディーブローのようにレオパレスの事業に悪影響を与えているのではないかなと思っています。
ということは、今のレオパレスの状況は、大東の将来を暗示しているのではないかと。
とすると、今から大東で、家賃保証で貸家事業をすることは注意しながらやらないといけないかなあと思います。

思うままに書いたので、あまりまとまっていませんが、現状、こんな感じに思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。