スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資 私の方向性

福島原発の問題以降、よほど安い物件以外は、手を出したくないということは、今まで書いている通りです。
ただ、少し物件購入意欲が戻ってきました。

それは、TPPです。
私は、以前から、TPPへは参加した方が良いというスタンスです。
アメリカとは、同盟国ですから、TPPに参加しないという結論は、いろいろな問題を生じかねないからということが一番の理由です。
また、いろいろな問題を引き起こす可能性は高いですが、全体としてみれば、経済的なメリットは大きいはずなので。
ただ、少し気になっていた部分は、農業の競争力を高めることができなければ、食料自給率が下がるということ。
世界的に人口が増えていますから、当然、長期的には、食料価格も上がるはず。
食料価格が上がることが予想されるにもかかわらず、食料自給率を下げることはどうなんだろうかという引っかかりはありました。
しかしながら、原発の問題以降、この食料自給率のことも、あまり気にならなくなりました。

というのは、今、日本の農産物を好んで食べたくないからです。
もちろん、国や生産者が言っているとおり、検査もしていて流通しているものは安全だということは理解できます。
しかしながら、牛肉は流通してしまい、結局、うやむやになってしまいました。
基準値も今頃下げたということは、これからの基準値以上の食品が過去に流通していたということです。
どちらの基準値を信じるかという問題でしょうが、これまでの基準値が本当に安全な数値であれば、下げることもないはずです。

別に、外食もしますし、加工食品も食べます。
それらには、国産のものも使われていると思います。
でも、国産のものを好んで食べたいとは、現状、思っていません。
なら、海外から食料品がきても良いかなと気持ちが変わってきています。

話が長くなりましたが、TPPには、賛成です。

日本が、TPPに参加するという前提ですが、
徐々に日本の農業は大規模化していくと思います。
というか、大規模化するよう誘導していく政策が打ち出されていくはずです。
地方の農業が大規模化されれば、人口は、都会に移動すると思います。

論旨がずれますが、TPPは、労働も自由化されます。
ということは、海外から日本へ仕事をしに来る方も現れます。
ならば、都会の人口はさらに増えます。

首都機能分散といったことが無ければ、
東京等に地価は今下がっていますが、再び上昇に転じるのではないかというのが、私の予想です。

都内の利便性の良い場所の賃貸物件は、買えるんじゃないかと思っています。
あと、投資するなら、製造業の企業の城下町近くの賃貸物件なんかも面白いかと思っています。

都内の区分で、利回り15%オーバー物件のいくつかに指値を入れることにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発信頻度は、非常に低いですが、メルマガ発行しています。
もし興味があれば、ご登録下さい。
自ら実践する1級FP技能士 澤崎政二のメルマガ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、紹介した和佐さんの無料オファーですが、ぜひ手に入れてください。
動画を見るだけでもためになりますよ。
【無料プレゼント】高額商品をネットだけで大量に販売する方法

【無料プレゼント】17歳で1億円稼いだ男の本当の秘密

【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意

【無料プレゼント】会員制ビジネスで毎月安定した数百万円の収益を稼ぐ方法

【無料プレゼント】最先端のマーケティング技術とその生かし方
スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。